どうでもいいことで頭を一杯にする

忙しい時や不安な時は、どうでもいいことで頭を一杯にしたくなります。展示直前で追いつめられたり、制作がうまくいかなくてイライラすると、ゴシップが無性に知りたくなるのはそのためです。芸能人の誰と誰が熱愛しようと破局しようと死ぬほどどうでもいいですが、ただ「へぇ」と思いたい。反対に、ゴシップに異常に詳しくなって「自分が今不安なのだ」と気づくこともあります。

知人のゴシップだと怒ったり喜んだりと気が散りそうですが、有名人のゴシップは、ただ頭を埋めるのにちょうどいい感じです。似たようなことを言っている友達もいたので、みんながそういう気持ちでワイドショーを観ているのかもしれません。

現在、アニメーションの第二部を編集しております。〆切が近づいてきて、寝る直前などに「本当に終わるのか?」とゾッとすることもあります。せっかくニューヨークにいるのでアメリカンゴシップで頭を一杯にしたいところですが、「リンジーがどうの」「マイリーがどうの」と言われても、予備知識が足りないので「へぇ」とも思いません。或る程度対象のことを知っておかないとおもしろくないものですね。わざわざ予習するのも目的を見失って完全に時間の無駄なのでやめておきたいです。

たまにゾッとはしているものの、まだまだゴシップに頼らなくても大丈夫です。近日中に第二部が仕上がりそうなのでコツコツがんばります。
b0221185_22381511.jpg

[PR]
by mag-akino | 2011-05-20 22:39


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧