運動神経の悪そうな絵

はじめて文章の書き方を教わった時、横書きと縦書きがまざってしまい、縦書きを左から書く癖がついてしまいました。左から書いた方が手に鉛筆がこすれなくて良いので、今でも自分だけがみるメモは左から書いています。小学校の国語の時間、ノートをとっていると右手が黒くなるのが嫌でした。

はじめの覚え方というのは大切です。縦書きのように、スキーの曲がり方もはじめに覚えるところで失敗しました。それ以来一度も滑ってないので今でもちゃんと曲がれるかわかりません。曲がりたい方と反対の足に体重をかける、と教えてくれればいいのに、右に曲がりたい場合は左足に、などというので、曲がる時にとっさに「えーと、こっちに曲がるということは〜」と考えてしまい、間に合わないのです。

私の場合、そもそも「右と左が瞬時にわからない」ので、縦書きもスキーもややこしくなってしまったのだと思います。右は割と右なのですが、左から考えはじめると「あれ?こっちは右だっけ?」となる時があってゴチャゴチャになります。「お箸を使う手が右手です」という教え方が有名ですが、有名な教え方があるということは、やはり覚えるのが難しいことなのかもしれません。

一番いいのは、お箸がどうのこうのと言う前に、子供の右手を握って「こっちが右」と教える方法だと思います。スキーもゴチャゴチャ考える前に、体で曲がる感覚を掴めば、あとは自然に曲がれるようになったはずです。今さらわかったところで、日常生活の中の「はじめて」はほとんど子供の頃に済んでしまっているのでどうしようもありません。

しかし、私の最大の問題は「体で覚えること自体がうまくできない」ことです。(簡単に言うと運動音痴ということです。)体でピンとこないから「お箸を持つ手は」と頭で考えて補わないとわからないのです。運動だけでなく、方向や距離感など、「広くて大きな感覚」もピンとこないので、大きな絵を描いたり、空間構成する、ということが苦手です。

大きな作品やインスタレーションを観ると、スポーツ万能の先輩を遠くからみつめるような感覚で、憧れの気持ちがわきます。(スポーツ万能の先輩に憧れたことなんて1度もないけど。)小さな作品や、細かい作品、箱の中に入っている作品をみると「この作家、運動神経悪そうだな…」と親しみがわき、実際には小さい作品の方がずっと好きです。(言いがかりかもしれません。)
b0221185_021673.jpg

[PR]
by mag-akino | 2011-11-28 00:03


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧