性格が自乗で増えていく

両親をみていると、「私と似てる」と感じます。(実際には私が両親に似ているんだけど。)容貌のことではなくて性格が、父をみても、母をみても「…これはたしかに血が繋がっている」と感じます。

長所が遺伝しているのは良いことですが、短所もそっくり遺伝しているように思うので、そうなると単純に考えて、私1人で2人分の短所を併せ持っていることになります。いや、1人の中にそんなに短所は入り切らない、それでは私の性格は父母それぞれの2倍あることになってしまう、そんなはずない、けど、たしかに欠点は2倍くらいありそうな…と、そこまで考えて、いや、そもそも「性格に容量はあるのか?」と、「性格の容量」が気になってきました。

父方の祖父母をみるとどちらも父とよく似ているように思うし、母方の祖父母も母に似ていると感じます。ということは父母がそれぞれ2倍ずつ、つまり私は祖父母の4倍の性格がある、ということになります。以前手相占いで、あまりにのっぺりとした私の手相(鉛筆で線を4本ひいただけにみえる)をみて「単純で深みがない性格」とみた印象のままの診断をされたことがありますが、その私の4分の1の性格しかない祖父母って一体?と頭がクラクラしてきます。このクラクラ感は、「宇宙はどこまであるんだろう?」とか「9次元ってどういうこと?」と考えた時の感じと似ています。真面目に考えているうちに、いつの間にか眠ってた、というやつです。

寝ていても仕方ないので私が仮に出した答えは、「性格の容量は無制限だけど、ほとんどの部分は忘れていて、一人一人は同じくらいの性格の量で過ごしている」というものです。つまり、「私は実際に祖父母の4倍の性格を持っているけど、1人分以外の性格を忘れている」、「先祖代々性格が倍の倍の倍にどんどん自乗で増えていくけど、そのうちの1人分しか覚えていない」ということです。そう考えるととてつもない忘却の歴史です。そして、これは「記憶の容量」でも同じことではないかと思います。

仮の答えを出すと、それがそのまま結論になりがちなので要注意です。と、いうかこんなことを考えるより先に、両親の2倍あると思われる欠点を直す方法でも考えた方がいい気もします。今年こそがんばります。
b0221185_3494245.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-01-02 03:54


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧