いつか遺骨だけになる

絵を描いている時に、フッと油断して引いた線が、せっかく丁寧に描き進めてきた絵を台無しにしてしまうことがあります。また下地からやり直したり、もうやり直しがきかなかったり、その程度はいろいろですが、こういう失敗をする度に「作る労力と壊す労力が同じでないのはなぜだろう」と思います。

昔、友人に訊いてみたら「壊れている状態の方が自然だからではないか」と言っていました。そう言われてみるとそんな気もしますが、作るのは大変なのに、壊すのは簡単というのが、どうも自然でない気がします。その差の分の労力はどこへ行ってしまうのでしょうか。

そもそも「作る労力と壊す労力は釣り合うはずだ」という考え自体が間違っているのかもしれません。なぜこんなふうに考えるようになったかというと、中学の化学の時間に「地球上の原子の数は常に一定である」と習ったせいだと思います。いろいろなものが形を変えながら常に一定の数を保っているのなら、作る労力と壊す労力が同じでないのはなんだか不自然です。

一本余計な線が入っている絵(壊れている物)と、入っていない絵(壊れていない物)では、例え同じ値がついたとしても、作者としてはまるで違うものです。壊れていない物の方が壊れている物より価値があるのは、「作る労力」と「壊す労力」の差の分のエネルギーのようなものを、まだ内包しているからかもしれません。

(余談ですが、「地球上の原子の数は常に一定である」という理論でいくと、地球はいつか遺骨だけになってしまうのではないかと墓参りをする度に思うのですが、どうなんでしょう。)
b0221185_9194421.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-02-08 09:20


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧