電車の楽しみ

ニューヨークといえば地下鉄ですが、今住んでいる家の最寄り駅は地上にあり、どこか実家近くの総武線の駅に似ています。ニューヨークに来た1年目に住んでいたチェルシーは、マンハッタンの西側にあるギャラリー街で、冬に寒風に吹きさらされながら一軒一軒観て歩くのはなかなか風流ですが、住み心地の良いところではありませんでした。夜は夜で騒がしいし、スーパーの質も最悪で不便だったし、何より、最寄り駅が地下というのがとても嫌でした。

中学から電車通学をはじめて、それも割と長時間通学だったので、電車の中の過ごし方は重要でした。もともと乗り物酔いがひどく、中1の頃は毎朝吐きそうだったり吐いたり辛かったのですが、それを克服したら電車の中で寝たり本を読むのが楽しくなりました。学校帰りに総武線に揺られ、景色をみながら本を読んだり寝たり、駅で降りて自転車に乗り、川沿いを走って橋を渡り、三叉路を下ると家、というのを大学を卒業するまで繰り返しました。駅から三叉路までの自転車で制作のヒントが浮かぶことが多く、今思うとその前の「電車に揺られる」という時間が効いていた気がします。

大学3年生の講評会で「夕方の帰り道のことを考えながら作りました。」と言って、「電車かもしれない」というアニメーション作品をプレゼンしました。この時に思い浮かべていたのは、自転車で走った川沿いの道です。電車にはたくさん人がいるのに、どこよりも開放感があり、電車に乗るとなんだか落ち着きました。車内で集中力を高めて、自転車に乗る頃にちょうどピークになる、という流れだったのだと思います。

二ューヨークの地下鉄も好きですが、寝たり本を読むより、音楽を聴くのが一番しっくりきます。音楽を効いて集中して、さて何か思い出しそう、という時に着いたのが地下鉄の駅だともうガッカリしてしまって、そこで全部台無しです。チェルシーが最後まで好きになれなかったのは、この帰り道のガッカリのせいだと思います。帰り道が自分にとってとても重要だったと気づいたのは、今の街に住み始めてからでした。

マンハッタンを出て川を超え、クイーンズに入るところで地下鉄は地上に出ます。そこが「お茶の水駅寸前の丸ノ内線」に似た感動があり、このあたりから集中しはじめ、駅に着き、駅のホームから家の方向を観るところで最高潮、というのが今の帰り道での発想の流れです。
b0221185_922996.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-02-25 09:03


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧