子供のあれこれ

小学校2年生の時、窓際の席に座っていた。窓際の棚には水槽が置いてあり、誰かがとってきたトノサマガエルのオタマジャクシが濁った水の中で泳いでいた。オタマジャクシといっても、あの、真っ黒で音符のようにみえるかわいいやつではなく、皮膚と水の境が曖昧な灰色の水餃子みたいなヌルヌルしたもので、顔の表情まで読み取れる大きさだった。全長5センチくらいあったと思う。授業を受けながら、なんとはなしに日々観察していると、オタマジャクシというのは、まず足が生え、次に手が生え、同時に尻尾が短くなっていって、いつの間にかカエルになるようだった。♪のオタマジャクシの場合、「足が生え始めた頃」がとてもかわいいのだが、水餃子に足が生えていく様子はもの凄く気味の悪いものだった。しかも、この「足が生える時期」がオタマジャクシにとって最もデリケートであるようで、足だけ生やした状態で何匹も立て続けに死んで、水面に浮かんだ。生き物係が横着していたのか、気づかなかったのか知らないが、水面の死体は日に日に増えていき、真横の私は「ああ、今日もまた一匹死んだ」と、水との境がますます曖昧になった水餃子を眺めて憂鬱だった。なんといっても一番嫌だったのは、生きているオタマジャクシが死んだオタマジャクシを無表情でついばんでいたことである。

悪臭と共喰いの地獄と隣接しつつ、よく授業が受けられたと思う。「子供は気持ち悪さに鈍感」、「子供は集中力がある」、と思う根拠になっている出来事の一つである。

ところで、「巨大なカエル」というのはどのくらい巨大なんだろうか。私は小学生の頃、食用蛙というのは「洗濯機くらいの大きさ」のカエルだと思っていた。大人になってからテレビで観たら確かに大きかったが、洗濯機と比べると遥かに小さくてガッカリした。

「ある朝、玄関のドアを開けたら洗濯機大のカエルがいた」というフレーズで胸がドキドキしたのをはっきり覚えているのだが、いつどこで誰から聞いた話かは思い出せない。洗濯機、という喩えに真実味があるように思う。
b0221185_4512245.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-09-14 04:54


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧