不思議な彼女

ある冬の日に、彼女が駅のホームで電車を待っていた時のこと。突然、中年の女性が近寄ってきて、彼女にこう尋ねたそうだ。

「あなた、向こうのホームで電車を待ってる人のうち、何人が今年中に死ぬかわかる?」

彼女がうろたえて黙っていると、中年の女性は「そう。わからないの。あなたはまだそんなものなのね」とつぶやくと、「三人よ」と言ったそうだ。そして、あっけにとられている彼女に「じゃ!」と言い放つと、やってきた電車に飛び乗ってあっという間に行ってしまったそうである。

この「彼女」というのは、去年の夏に書いた、「本当かはわからないけどウソではない話」をする、高校時代の知り合いである。読んでいただくとわかるのだが、この「彼女」自身も不思議な人で、奇妙な体験をたくさんしているようだった。

この話を、たまに友達に話してみると、「じゃ!」のところで100%の人が笑う。高校時代に彼女からはじめてこの話を聞いた時、私も「じゃ!」のところで笑った。

私が通っていた高校はプロテスタント系の学校で、毎朝礼拝があった。賛美歌のあと、日替わりで誰かが説教をするのだが、ごくたまに、彼女が説教というよりは例の「本当かはわからないけどウソではない話」をすることがあった。全校生徒が集中して話を聞いている緊張感で講堂がはりつめていた。不思議な話をする人、というのは結構いるのだが、それをおもしろく語れる人というのはあまりいないのだな、と「じゃ!」で笑いをとるたびに感じる。私が真似して語っても100%おもしろいのである。本人から直接聞いたらどんなにおかしいか想像してほしい。

ところでこの彼女、こういう不思議な話を語り、皆がひとしきり盛り上がった後に、「私は子供を産めない体質だ」ということをポツリと付け加えることがよくあった。不妊治療もがんばってみたがどうしてもダメで、とうとうあきらめたそうだ。どうも彼女は「自分が不思議な体験をすること」と「子供が産めないこと」を関連づけて考えていたようである。「子供が産めない」と言われても、高校時代の私たちはポカンとしているだけだった。

たまに、彼女はどうしているのかなと思いだすのだが、もう縁は切れてしまって全然わからない。勘の良い彼女のことだから、何か具体的に「不妊」と「不思議」の関連性を知っていたのかもしれない。それに、「あなたはまだそんなものなのね」と中年女性が言ったのはもうずっと前のことである。今ごろはもしかしたら、何人死ぬのかを小咄風に語れるようになっているのかもしれない。
b0221185_12423527.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-09-26 12:52


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧