ウソみたいな本当の話 その1、ストーカー

私が中学生の時、3つ歳上の兄がストーカー被害にあった。兄は隣り駅で乗り換えをして都内の高校に通学していたのだが、最初に犯人をみたのは隣りの駅だったそうだ。それがいつの間にか、最寄り駅でみかけるようになり、「おや?」と思っているうちに、ちょっとずつ家に近づいてきたという。毎朝、曲がり角に立ち、どちらから兄が来るのか見張っていたのである。

兄が両親に打ち明けたのは犯人がだいぶ家に接近してからのことだった。両親は警察に電話をかけて相談してみたが、思ったとおり「はっきりした被害がないと警察は動けない」というようなことを言われて困ってしまった。私が「兄、ストーカー事件」を知ったのは、この電話のちょっと前である。ある朝、母が「ばれないように」と言うので、そっとカーテンの隙間から覗いたら、マンションの下にストーカーが立っていた。「激怒」風の険しい顔つきをした白人男性であった。私も何日か前に駅に向かう途中ですれ違っており、外国人だったせいもあり、見覚えがあった。

警察は頼りにならないので、家を出る時間をずらしたり、父が駅まで送ったり、そうこうしているうちに、急に彼は姿をみせなくなった。一体何が目的だったのか、何人なのか、当時の私には「かなりおっさん」にみえたが、本当は何歳だったのか、何もかもわからないままにうやむやに事件は解決した。

私が彼と再会したのは、それから3年後である。大学受験用の証明写真を撮影するために、最寄り駅近くの写真館に行った時のこと。撮影をすませ、待ち時間に店内を何気なく見回していて、ハッとした。証明写真のサイズ見本のモデルとして、彼がうつっていたのである。

前回は「本当のようなウソの話」を書いたが、今回は「ウソのような本当の話」である。意表をつかれる形でのストーカーとの再会は、恐怖でおののく、というより、腹の底から笑いがこみあげてきたので、走って家に帰り、母に報告して二人で爆笑した。さらにウソのようで本当なのが、それから14年ほどたった現在も、彼はまだ実家の近所に住んでいて、たまにみかける、ということである。見た目は当時と全く変わらない。今だったら「一体何歳なのか」くらいはきける気がする。
b0221185_12591480.jpg

今年もよろしくお願い致します。 近藤聡乃
[PR]
by mag-akino | 2013-01-03 13:08


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧