宜保愛子さんについて その四

ある日宜保さんは、初対面の相談者の部屋の様子を霊視し、それをスケッチブックに描いた。そして、いつものように判読できない仕上がりになり、「これが玄関で、正面に窓、右手の本棚の上に招き猫…」のような感じに、自分で照れながら解説するはめになっていた。

正確な記憶はないが、宜保さんの霊視図は、解説をきいてはじめて「あ、それが窓?」と気づくくらいの曖昧さで、「右手に本棚というけど、図では正面になっているな…」というくらい不正確なものだった。結果的に口頭の解説は当たっているので、子供心に「こんなにヘタならわざわざ図解する必要がない」と思ったのを覚えている。

先日、「絵がうまく描けない一番の原因は、目でみたものを正確に手に伝えられないため」と書いたが、宜保さんの場合、霊視の前に相談者の部屋を見ていない(と私は信じる)ので、これには当てはまらない。宜保さんは「霊の声をきく」という霊「聴」スタイルであり、口頭の説明は正確だが、絵にすると不正確なのである。つまり、宜保さんが絵がヘタなのは「耳できいた情報は正しいのに、それを正確に絵で表現できないため」ということになるのだが、これは「目でみたものを絵で正確に表現する」ことよりだいぶ難しいと思う。先の配線の例でいうと「耳→脳→手」という配線であるが、耳で受けた情報を一旦視覚的なイメージに置き換えてなくてはならない分、「目→脳→手」より複雑である。例えば、他人の部屋に実際にお邪魔して見取り図を描くのと、口頭で説明を受けながらその見取り図を描くことを想像してみると、後者の方が圧倒的に難しそうである。

さらに気になるのが、その、宜保さんが聴いた「霊による部屋の特徴の説明」が的確だったかどうかである。「六畳一間、玄関の正面に窓、右側の壁に本棚、その上に招き猫」などとテキパキ説明してくれたら図解できそうだが、「え〜と、本棚がある、あ、そこじゃなくてこっち側、上になんか変なのがのってる。そういえば窓もどっかにあったなぁ」などと要領を得ない説明をされたら、たとえ絵がうまくても、それをその場で図解するのは不可能だと思う(しかもマジックで…)。そう考えると「宜保さんの絵がヘタなのも仕方ないな」という気がしてくる。そして、「あれだけヘタということは、やはり霊の声をきいていたからに違いない...」という気もしてくるのである。

長々と「絵がヘタな理由」の説明などしたが、言いたかったのはつまり、ファンとして私は宜保さんの肩を持ちたいということである。宜保さんが亡くなって十年、今年の夏こそは是非、「宜保愛子心霊スペシャル」を再放送してもらいたい。

(おしまい)
[PR]
by mag-akino | 2013-05-14 11:27


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧