<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

四葉のクローバー

大学の卒業制作で「てんとう虫のおとむらい」というアニメーションを作ったら大失敗した。制作中もずっと「これはまずいこれはまずい」と思っていたのだが結局軌道修正はできずに、未完成のまま提出して卒業した。絵コンテがあまかったのだ。

それからずっと気にかかっていたので、絵コンテから練り直して、2006年にようやく完成させた。卒業してから3年もたっており、完成した時は心底ホッとした。どちらも同じタイトルなのでまぎらわしいが、2006年に完成した方を便宜上「完成版てんとう虫のおとむらい」と呼んでいる。卒業制作の方は「卒業制作版てんとう虫」とか適当に呼んでいるが、観かえすと、あの時の気持ちを思い出して苦しくなるのでしばらく観ていない。

(ちなみに…2006年の完成版はダイジェストをYouTubeにアップしてある。卒業制作版の方もどなたかが勝手にアップしていたので、どこかで観られると思う。)

もともとアニメーションの前にマンガ版の「てんとう虫のおとむらい」を描いており、卒業制作版はマンガに沿って作った。完成版の方は、絵コンテから作り直したため内容が大きくずれたのだが、一番大きな違いは「四葉のクローバー」が出てこなくなったことだ。卒業制作版の方では四葉のクローバーが大量に、しかも意味ありげにどんどん出てくるのである。

さて、この「四葉のクローバー」だが、そもそもこの「四葉のクローバー」のイメージがどこから出て来たのだか覚えていない。マンガ版の「てんとう虫のおとむらい」を描いた頃のことを全然思い出せないのだ。一体どういう流れであんな話を描いて、わざわざアニメーションにすることしたのだかわからないのだが、もしかすると関係あるかも、という出来事が一つだけある。


小学校低学年の頃、よく自宅マンションの貯水タンクの下にもぐっていた。タンクの下に子供が屈んでやっと入れる程の空間があり、秘密基地のようだったのである。ある日そこで遊んでいたら、タンクと土台の隙間に何かが挟まっていることに気がついた。ギュッと押し込まれており、直接手で触るのは怖かったので、棒を使ってグッと引っ張ると、四葉のクローバー模様のネルシャツがズルズル出て来た。

「四葉のクローバー」と聞いて、私が思い出すのはこれくらいであるから、たぶんこの出来事が何か影響したのだと思う。なぜ貯水槽の下に四葉のクローバーのネルシャツが押し込まれていたのだか全然見当がつかないが、異様に恐ろしくて全力疾走で逃げた。逃げ切ったと思ったが、どうも逃げ切れていなかったようである。何が言いたいのかというと、「アニメーションは絵コンテが大事」ということである。
b0221185_9132654.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-08-29 09:15

6の6乗の恐怖

なかなか寝付けなかった夜、先日書いた40の5乗の確率でくじ引きに成功したことをなんとなく思い返していた。そうしたらついでのように思い出したことについて。

高校2年生の冬に、サイコロを6個まとめて振ったら全て1が出た。あれ、と思い、これは写真に撮るなど何か記録した方が良いことかもしれないな、と考えつつぼんやり見ていたら、突然背中の方からゾッと鳥肌がたって、慌てて片付けた。

結局そのまま知らんふりして適当にごまかした。6の6乗だから40の5乗に比べると軽い偶然だが、こちらの方が圧倒的に怖かった。思い返すとやはり背中がヒヤリとする感じがある。

ところでこの時、横で父も見ていたのだが、父もこれを思い返してヒヤリとする瞬間があったりするのだろうか。
b0221185_6581238.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-08-17 07:02

絶対に効くおまじない

何か困ったことがあったら唱えなさい、と言われてそのおまじないを教えられたのは12歳の頃だった。おおまかに言うと「呪文」のような複雑な言葉なのだが、小学生の私には困ったことなど特になかった。そもそも「めったなことで使ってはいけません」という意味を込めてそう言ったのだと思う。

ふと思いついて、その言葉を唱えてみたのは中学2年の席替えの時だった。私のクラスでは約40個の机に端から番号をふり、くじ引きで席を決めていた。あの席に座りたいな、と軽い気持ちで3回唱えてくじをひいたら、その席の番号が引けた。それから1年間、席替えの度に「あの席」と決めてくじを引くと毎回その席に座れた。確か5回くらい席替えをしたので、40の5乗の確率でくじ引きに成功していた訳だが、偶然とは思えない確率である。最後の方は移動するのが面倒なので同じ席に座っていた。担任の先生が困った顔をしていたのを覚えている。

不思議なのは当時の私が、このことについて全く不思議だと思っていなかったことである。当然効くものと思ってその言葉を唱え、当然のようにその席の番号を引いてそこに座っていた。それだけである。ただ、最後に思い通りの席を引いた後、「この言葉はめったなことで使ってはいけないんだろうな」とようやく気づき、それ以来席替えで使うのをやめた。

さて、次に私がこの言葉を唱えたのは大学受験の時である。大学受験といえば人生の一大事で「めったなこと」であると思ったのだ。私は実家から近い、学費が安い、合格者人数が少ないので受かると格好良い、という単純な理由で東京藝術大学のデザイン科への入学を希望していた。一次試験の鉛筆デッサンがはじまる前に、久しぶりにその言葉を唱えた結果はあっけない一次落ちで、仕方なく多摩美術大学のグラフィックデザイン学科に通うことになった。

ここでまた不思議なのは、私がこの時に「おまじないが効かなかった」とは思わなかったことである。第一希望の藝大に行けなかったのはガッカリだったが、「きっと多摩美に行った方が結果的に何か良いのだろう」と思い、そのままこのおまじないの効果を今でも信じている。多摩美に進学して良かったと思う点はいろいろあるが、藝大に通ったことはないので、本当に多摩美の方が良かったのかはわからない、と冷静に考えることはできるのだが、やはり今でも「絶対に効くおまじない」だと思っている。今後もめったなことでは使わないと思う。
b0221185_83094.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-08-12 08:31

天井のテレビ

たしか4歳の頃である。夜中にふと目を覚ましたら、足元あたりの天井が四角くぼんやり光っていた。光っているな、と見ていたら、そこに映像が浮かび上がり、突然『忍者ハットリくん』が始まった。その頃観ていた「藤子不二雄劇場」そのままで、あれ?とは思いつつ、寝転んだまま一話分きっちり観た。ハットリくんが、怒ったつばめちゃんに両耳をとられてしまう、というおかしな話だった。

翌朝目覚めて、夢だったか、と思ったのだが、それにしてもあまりにおもしろかったし、はっきり覚えていたため、本当に天井にテレビが映ったのかもしれないと思った。横で寝ていた3つ歳上の兄に、「昨日の夜、天井にハットリくんが」と言ったら、兄は「観たよ。おもしろかったね」と答えたのである。

それ以来、この話をしていない。兄にもう1度きくことはできるのだが、
「ウソ」「観た」「覚えてない」のどの返事が返ってきても全部嫌なので、一生きかないと思う。天井にテレビが映ったのもこの一回きりである。
b0221185_23273731.jpg

[PR]
by mag-akino | 2012-08-01 23:27


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

お気に入りブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧