<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

千葉県市川市の虫

私が生まれ育った千葉県市川市は住宅地で、あまり虫がいなかった。私は植え込みの隅や、植木鉢の下や、八畳ほどの空き地を巡回して、なんとか虫を探し出していた。

いつでも簡単に観られた虫といえば蟻である。駐車場の植え込みの、四隅の芝生の隅っこを掴んで引っぱり上げると、どの隅にも蟻の巣があった。時期によっては、真っ白い卵や幼虫がいて面白かった。突然光に晒された蟻が驚いて、慌てて卵や幼虫を奥に運んで行く、というのをひとしきり眺め、芝生を元に戻し、次の隅の芝生をひっぱり上げる、というのを黙々と繰り返した。全ての隅を巡回し、さらにもう一周くらいすると、蟻が安全なところに移動を終えてしまうので、もう卵は観られない。そこで、また三日くらいたったところを急襲するのである。

蟻が観られない間は、あじさいの葉の裏にいるヨコバイを観ていた。黄色くて、黒い斑点がある細長い虫で、正しくはツマグロオオヨコバイというそうだ。当時は「ヨコバイ」という名前を知らなかったので、「総武線みたいな虫」と呼んでいた。まだ車体全体が黄色かった総武線に似ていたのである。

ヨコバイにも飽きると、今度は植木鉢や石をずらして、その下にいるミミズやダンゴムシを探した。丸まったダンゴムシを無理に開くと、お腹の下に子供を抱えていることもあり、「当たり」と静かに思ったりした。ある時、石をずらそうと下に手を差し入れたらナメクジがビッシリ着いていて、悲鳴を上げて家に逃げて帰ったことがある。

このように、千葉県市川市にいた虫は、地味であった。ダンゴムシやミミズやナメクジに至っては、別に観たかった訳ではなく仕方がないから観ていただけであって、しかも正確にいうと昆虫ではない。正直なところ、ゴキブリの方がまだ面白かったので、小学校でゴキブリを見つけるとハッとしたし、低学年の頃は触っていた。

つまり千葉県市川市で日常的に観られた虫は、蟻とヨコバイとゴキブリである。物足りないあまり、私はついに地面を掘るようになった。地上がダメなら地下しかない。(つづく)



b0221185_5414226.jpg

[PR]
by mag-akino | 2014-02-12 05:45

「わかるでしょ?」

私は日本で使うための携帯電話を持っているのだが、アメリカにいる時はアメリカの携帯電話を使っているので、普段は電源を切ってある。ごくたまに電源を入れるのは、こちらから日本に電話する時だけである。私の使っているアメリカ用の電話は、国際電話を受けられるがかけられないのだ。

先日朝8時頃、その日本の携帯電話が鳴った。前の晩、日本に電話した際に先方が留守で、電源を入れたまま眠ってしまったのである。普段は鳴らない電話が鳴ったことと、起き抜けだったことで、混乱したまま慌てて「ハロー?」と電話に出たら、小声で「もしもし」と返ってきた。

こちらも「もしもし?」と返したら、また小声で「もしもし、もしもし」と言う。さらに混乱してなぜか英語で「フーアーユー?」と尋ねたら、「わかるでしょ?」と言われてしまった。

相手は小声で「もしもし、もしもし、わかるでしょ?」と言い続け、私は起き抜けの頭でぼんやり「わからないなぁ、誰だっけ?」と考え続け、最終的に相手が「寝てた?」と言ったところでやっと、「いたずら電話か」と気づいて電話を切った。そのまま電源も切ったのだが、しばらく動悸が止まらなかった。

「わかるでしょ?」というのはなんだか怖い言葉である。実際はわからないことなのに、「わかるでしょ?」と言われてしまうと、「本当はわかっているのに忘れているのかな?」と思い、「忘れてしまったこちらが悪いのかな?」と感じてしまった。「寝てた?」などと余計なことを言わないで、ずっと「もしもし」と「わかるでしょ?」を繰り返されたら、私はしばらく気づかずに「○○さん?」「それとも○○さん?」と当てずっぽうに返事していただろう。相手を手の内に巻き込むような言葉であるから、もしも会話中に「わかるでしょ?」と言われたら、いたずら電話でなくても動揺すると思う。相手に心の奥底を見透かされたような、秘密を共有させられたような、性的で密室的な親密さがそこから生まれそうである。(だから、いたずら電話で言いたかったフレーズなのだろう。)

それにしても、いたずら電話というものは随分久しぶりであった。子供の頃は月に一回や二回はあった気がするが、非通知電話の着信拒否などで、チャンスが減ったのだろう。非通知でようやくかかった電話が国際電話で、「ハロー?」とか「フーアーユー?」とか言われたのだから、先方も驚いたに違いない。

ところで、英語で「どちら様ですか?」と電話口で尋ねる場合、「Who is calling, please?」が良いそうだ。「フーアーユー?」だと「あんた誰?」みたいな感じでぞんざいである。



b0221185_5111751.jpg

[PR]
by mag-akino | 2014-02-03 05:18


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧