子供のあれこれ

小学校2年生の時、窓際の席に座っていた。窓際の棚には水槽が置いてあり、誰かがとってきたトノサマガエルのオタマジャクシが濁った水の中で泳いでいた。オタマジャクシといっても、あの、真っ黒で音符のようにみえるかわいいやつではなく、皮膚と水の境が曖昧な灰色の水餃子みたいなヌルヌルしたもので、顔の表情まで読み取れる大きさだった。全長5センチくらいあったと思う。授業を受けながら、なんとはなしに日々観察していると、オタマジャクシというのは、まず足が生え、次に手が生え、同時に尻尾が短くなっていって、いつの間にかカエルになるようだった。♪のオタマジャクシの場合、「足が生え始めた頃」がとてもかわいいのだが、水餃子に足が生えていく様子はもの凄く気味の悪いものだった。しかも、この「足が生える時期」がオタマジャクシにとって最もデリケートであるようで、足だけ生やした状態で何匹も立て続けに死んで、水面に浮かんだ。生き物係が横着していたのか、気づかなかったのか知らないが、水面の死体は日に日に増えていき、真横の私は「ああ、今日もまた一匹死んだ」と、水との境がますます曖昧になった水餃子を眺めて憂鬱だった。なんといっても一番嫌だったのは、生きているオタマジャクシが死んだオタマジャクシを無表情でついばんでいたことである。

悪臭と共喰いの地獄と隣接しつつ、よく授業が受けられたと思う。「子供は気持ち悪さに鈍感」、「子供は集中力がある」、と思う根拠になっている出来事の一つである。

ところで、「巨大なカエル」というのはどのくらい巨大なんだろうか。私は小学生の頃、食用蛙というのは「洗濯機くらいの大きさ」のカエルだと思っていた。大人になってからテレビで観たら確かに大きかったが、洗濯機と比べると遥かに小さくてガッカリした。

「ある朝、玄関のドアを開けたら洗濯機大のカエルがいた」というフレーズで胸がドキドキしたのをはっきり覚えているのだが、いつどこで誰から聞いた話かは思い出せない。洗濯機、という喩えに真実味があるように思う。
b0221185_4512245.jpg

[PR]
# by mag-akino | 2012-09-14 04:54

テストの思い出

① 小学校の漢字のテストで、曜日の「曜」のヨヨの下の部分がどうしても思い出せなかったので、仕方なく「田」を書いておいた。なぜかこの間違いだけが忘れられない。

② 小学六年の社会のテストが始まった途端に、強烈な睡魔に襲われ、間違えて裏面から解き始めてしまった。別紙の回答欄が問題と合わないな、とは思ったが朦朧としていたので間違いに気づかなかった。ひどい点数だったが、三択問題が偶然当たったりしていて0点ではなかった。

③ 多摩美の入学試験の英語の問題に、長文に空欄が空いていて、イロハニホヘト〜の選択肢から正しいのを選ぶ、というのがあった。時間が余ったので見直していたら、答えが「イヌトニワヲホル」になっていることに気づいた。

④ 高校三年生の漢字テストの開始寸前に、斜め前の席のSさんが「シャーペンを忘れたから誰か貸して」と言い出した。本当は二本持っていたのだが、「シャーペンは一本しか持ってないから貸せないけど、筆ペンなら持ってるよ」とふざけて答えたら、Sさんは本当に筆ペンでテストを受けてしまった。小さい回答欄に筆ペンで漢字を書くのは超大変だったらしいが、後日先生に叱られていた。
[PR]
# by mag-akino | 2012-09-10 23:53

飛んでいったエビの話

高校生の時、大正沼エビを飼っていた。ペットショップで見かけて気に入って、金魚鉢で飼い始めたのだが、3㎝くらいの透明なエビで、よく見ないとどこにいるかわからなかった。

ある日、そのエビがどこかに消えてしまった。カルキ抜きのために日に晒しておいた水と入れ替えようと、金魚鉢を持ってベランダに出たらもうどこかに消えてしまっていた。見えないだけでどこかにいるのだろうと、最初はのんきに探していたのだが、本当にいなかった。さっき居間で鉢を覗いた時には確かにいた、そういえば以前、水を替えようとした時にピョンと跳ねて逃げようとしたことがあった、と思い出し、周りを見渡し、居間からベランダまでのルートを念入りに探したがやはりいなかった。ピョンと跳ねて7階のベランダから下に落ちてしまったのかも、と思いついてゾッとした。

一応、下を見てみたが、もちろんエビは見えなかった。どうしたらいいのだろう、と途方に暮れたがどうしようもなかった。7階から落ちたらエビは死ぬのだろうかと考え、エビは軽いから意外と大丈夫かもしれないと思った。中学校の理科の授業で、地中に住むエビがいると習ったなぁ、とか、いや、それとも風に飛ばされてしまったかもしれない……などと考えているうちに、なんだか腹の底からおかしくなってしまい、いけないと思い笑いをかみ殺して、台所にいた母に「エビが飛んでいった」と報告した。

さて、それから数日後。ゴミを捨てようと台所にいったら、ゴミ箱の脇に何か落ちていた。なんだろうと拾ってみたら、カラカラに乾燥してカップヌードルのエビのようになった私のエビだった。エビは焼いたりゆでたりしなくても、ひからびると赤くなると初めて知った。風に吹き飛ばされる姿を想像して私がニヤニヤしていた時、エビは実際には居間から台所に向かってピョンピョン跳ねていたのである。

カップヌードルのエビを見る度に、風に飛ばされるエビを思い浮かべ、腹の底から笑いがこみ上げてくる。ひどい話である。

b0221185_11335184.jpg

[PR]
# by mag-akino | 2012-09-10 11:40

四葉のクローバー

大学の卒業制作で「てんとう虫のおとむらい」というアニメーションを作ったら大失敗した。制作中もずっと「これはまずいこれはまずい」と思っていたのだが結局軌道修正はできずに、未完成のまま提出して卒業した。絵コンテがあまかったのだ。

それからずっと気にかかっていたので、絵コンテから練り直して、2006年にようやく完成させた。卒業してから3年もたっており、完成した時は心底ホッとした。どちらも同じタイトルなのでまぎらわしいが、2006年に完成した方を便宜上「完成版てんとう虫のおとむらい」と呼んでいる。卒業制作の方は「卒業制作版てんとう虫」とか適当に呼んでいるが、観かえすと、あの時の気持ちを思い出して苦しくなるのでしばらく観ていない。

(ちなみに…2006年の完成版はダイジェストをYouTubeにアップしてある。卒業制作版の方もどなたかが勝手にアップしていたので、どこかで観られると思う。)

もともとアニメーションの前にマンガ版の「てんとう虫のおとむらい」を描いており、卒業制作版はマンガに沿って作った。完成版の方は、絵コンテから作り直したため内容が大きくずれたのだが、一番大きな違いは「四葉のクローバー」が出てこなくなったことだ。卒業制作版の方では四葉のクローバーが大量に、しかも意味ありげにどんどん出てくるのである。

さて、この「四葉のクローバー」だが、そもそもこの「四葉のクローバー」のイメージがどこから出て来たのだか覚えていない。マンガ版の「てんとう虫のおとむらい」を描いた頃のことを全然思い出せないのだ。一体どういう流れであんな話を描いて、わざわざアニメーションにすることしたのだかわからないのだが、もしかすると関係あるかも、という出来事が一つだけある。


小学校低学年の頃、よく自宅マンションの貯水タンクの下にもぐっていた。タンクの下に子供が屈んでやっと入れる程の空間があり、秘密基地のようだったのである。ある日そこで遊んでいたら、タンクと土台の隙間に何かが挟まっていることに気がついた。ギュッと押し込まれており、直接手で触るのは怖かったので、棒を使ってグッと引っ張ると、四葉のクローバー模様のネルシャツがズルズル出て来た。

「四葉のクローバー」と聞いて、私が思い出すのはこれくらいであるから、たぶんこの出来事が何か影響したのだと思う。なぜ貯水槽の下に四葉のクローバーのネルシャツが押し込まれていたのだか全然見当がつかないが、異様に恐ろしくて全力疾走で逃げた。逃げ切ったと思ったが、どうも逃げ切れていなかったようである。何が言いたいのかというと、「アニメーションは絵コンテが大事」ということである。
b0221185_9132654.jpg

[PR]
# by mag-akino | 2012-08-29 09:15

6の6乗の恐怖

なかなか寝付けなかった夜、先日書いた40の5乗の確率でくじ引きに成功したことをなんとなく思い返していた。そうしたらついでのように思い出したことについて。

高校2年生の冬に、サイコロを6個まとめて振ったら全て1が出た。あれ、と思い、これは写真に撮るなど何か記録した方が良いことかもしれないな、と考えつつぼんやり見ていたら、突然背中の方からゾッと鳥肌がたって、慌てて片付けた。

結局そのまま知らんふりして適当にごまかした。6の6乗だから40の5乗に比べると軽い偶然だが、こちらの方が圧倒的に怖かった。思い返すとやはり背中がヒヤリとする感じがある。

ところでこの時、横で父も見ていたのだが、父もこれを思い返してヒヤリとする瞬間があったりするのだろうか。
b0221185_6581238.jpg

[PR]
# by mag-akino | 2012-08-17 07:02


アーティスト近藤聡乃ニューヨーク滞在制作記


by mag-akino

プロフィールを見る
画像一覧

近藤聡乃 / KONDOH Akino

2012年5月までの文章が本になりました。

不思議というには地味な話』(ナナロク社)

57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。



2000年マンガ「小林加代子」で第2回アックス新人賞奨励賞(青林工藝舎)を受賞し、2002年アニメーション「電車かもしれない」で知久寿焼(音楽グループ、元たま)の曲に合わせてリズミカルに踊る少女の作品で NHKデジタルスタジアム、アニメーション部門年間グランプリを獲得。シャープペンを使って繊細なタッチで描くドローイングに加え、最近 では油彩にも着手している。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林 工藝舎)を出版。

以前の記事

2017年 03月
2016年 11月
2015年 07月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

検索

カテゴリ

全体
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧